ビルケンシュトックのフットベッド|革新的なインソール・ブルーフットベッドを1900年代当初開発。現代でも履き心地の向上に余念がありません

ABOUT

ビルケンシュトックについて

Designed By Nature.

ビルケンシュトックの足跡、それはフットベッドにある。

「デザインはしていない、自然が作り上げた」とは
サンダルの生みの親=カール・ビルケンシュトックによる
自然のフットベッドを振り返ったときの言葉。

つまりは、ヒトの足型にストレートに向き合うことで、必然的に生まれた機能美であるということ。
1900年代当初、木製や金属製のフットベッドが常識だった頃、革新的なコルク×ラバー製のブルーフットベッド®を開発。
これをもとに、60年代初頭にサンダル第一号が生まれました。現代でもさらなる履き心地の向上に余念がありません。

1774年に起源を持つビルケンシュトック社の240余年にもわたる足跡は、フッドベッドにはじまり、
未来もなおフットベッドと共に歩み続けていきます。

null